スポンサーリンク

ソシャゲに何十万も課金して後悔してしまった話と教訓について

スマホゲームへの課金はほどほどに

ソシャゲで何十万も課金してしまう人を世間では廃課金っていいますよね。私自身も廃課金とまではいきませんが、とあるソシャゲで30万ほど使ってしまい、後になって後悔した経験があります。「もっと他に有用な使い道が絶対あっただろうな」って今でも思いますしね。

年収1000万だとか、何億円ももってるとかならソシャゲに2,30万くらい使ってもそこまで後悔しないのかもしれませんが、ほとんどの人はそうではないですよね。

この記事を見ている人の中にも身の丈にあわない課金をしていたり、過去の課金を後悔している人がいると思うので、これ以上後悔しないための注意喚起の意味も込めて、経緯とかを書こうと思います。

課金にはまっていった経緯について(経験談)

安い課金パックは沼への入り口に過ぎない

私は大学生の頃にとあるスマホゲームにはまっていましたが、最初の課金はマンスリーパックと呼ばれる、1ヶ月で毎日ログインすると普通に課金通貨を買うよりもお得に入手できるという物で、月2000円ほどの課金で済んでいました。

しかし、次第にそのゲーム内での強さを求めるようになってしまうと、強いキャラを引くために高い頻度でガチャを回すはめになりました。そうすると、マンスリーパックやゲーム内で手に入る課金通貨では足りなくなり、5000円や1万円でまとめて課金通貨を購入することに…

課金という行為自体に抵抗がなくなると…

マンスリーパックなどの微課金向けの課金パックで我慢できるかが、おそらく多くの人にとっての後悔の分かれ目になるんじゃないかと思います。

それ以上の課金に手を出してしまい、5000円や1万円といった高額の課金に慣れてしまうと、1月に万単位の課金をすることに抵抗がなくなり、結果として1年で2,30万使ってしまうなんてことが起こるのです。

“ガチャの天井”という絶妙な沼

大体のソシャゲのガチャは一定回数回すとキャラなどが確定でもらえる天井がありますよね。

もちろん、当たるかわからない青天井のガチャよりはいいですが、自分が持っている課金通貨である程度ガチャを回して出なかったら、「あと○連で天井だ」とか「ここまで引いたらもう後に引けない」という考えに陥って、結果として2,3万使ってしまう、なんて事が私には何度もありますし、その経験がある方もいると思います。

我慢が苦手な人は、ある程度お金に余裕があるとソシャゲ課金にはまりがち

私がソシャゲ課金の沼にはまっていた時は大学生でしたが、アルバイトをしていてある程度お金に余裕がありました。さらに典型的な陰キャでファッションや人付き合いもあまりせず、ゲームが趣味というまさにダメな大学生でした。

また、ゲームを衝動買いしたり、大学の試験勉強をギリギリまでさぼったり、我慢があまり得意な方では無く、おそらくギャンブルにはまりやすい人間だと思います。

この2つに当てはまっている人は本当に気を付けた方が良いと思います。お金の使い道なんて、そのときは思いつかないかもしれませんが、後になったらいくらでもでてきます。素直に貯金しときましょう。

スポンサーリンク

何万円も課金する前に考えてほしいこと

強いキャラを引くためのガチャには、永遠に終わりが来ない

つい課金して理由として、「このキャラを引くと、~なことが出来て強い」「このキャラはぶっ壊れだから、絶対引かなきゃ」みたいな妙な使命感を持ってしまったり、自分のパーティ編成を強くすることに執着してしまったり…

ただ、ソシャゲというのは、ゲームの特性上どうしても強さのインフレが起こります。ほとんどのソシャゲでは半年、1年くらい経つとキャラの強さランキングは大きく変わります。

よほど強いキャラやオンリーワンの性能を持つキャラでなければ、半年くらいでもっと強いキャラが来て型落ちになります。それを踏まえて、高いお金を払う価値があるのか課金する前にしっかり考えて課金した方が良いですよね。

ガチャを引いた時のドキドキや、演出、目当てのキャラを引いた時の喜び

ガチャを引く理由って、強いキャラを引くためだけではなく、ガチャ自体の楽しさもありますよね。

ガチャの演出が好きとか、ドキドキがたまらない、目当てのキャラを引いた時の達成感や喜び、みたいなものには、確実に依存性があると思います。多分原理的にはパチンコやパチスロに依存しているのとそう変わりがないので、そういうものが快感だったりくせになっている人はマジで注意した方がいいですよ。

私はもう高額の課金はしていませんが、今でさえガチャ更新が待ち遠しいとかガチャを引くときのドキドキがくせになっています。(全然治ってません)

スポンサーリンク

課金に慣れてしまっている時の思考のヤバさについて

そのゲームに熱が入っていた時はものすごく課金に価値を感じてしまう

楽しいソシャゲにハマっている時って、ガチャのキャラの性能や見た目なんかがすごく魅力的に見えますよね。「このキャラには○万課金してもいい!」みたいなことを思っちゃいます。

確かにそのゲームにハマっている時はものすごくキャラに価値を感じているでしょうが、ただ、そのゲームにもいずれ飽きるときが来たり、熱が冷めてしまう時がきます。

「1万、2万くらいはまあいいだろう」とおもってしまう

たまに運良くガチャを2,30回回して目当てのキャラを手に入れられると「今月は(お金が)浮いたな」とか「今月は課金しなくて済む」とか考えてました。これはソシャゲの重課金あるあるですよね。課金しないで諦めるという選択肢がそもそも入ってなかったり…

後から考えると本当にぶん殴りたくなるような考えですが、課金に染まってしまうとそんな感じの考えになります。

まとめ:課金とどう向き合うか

私は課金すること自体を悪だとは思っていませんし、自分の自制心のなさが悪かったと思って反省しています。ただ、我慢が苦手な人や退屈な日々を過ごしている人が課金にのめり込んでしまうのは金銭的にも精神衛生的にも本当に良くないと思います。

もちろん全く後になっても全く後悔しないのなら別にいいですが、よほどの金持ち以外は高額な課金を後悔してしまうと思うので、課金はしないorマンスリーパックなどの安価な課金パックだけにしてそれ以上の課金は絶対にしない、みたいな風に決めた方がいいかと思います。

また、たくさんの課金をしてしまうときは思考が前のめりになっているので、いったん落ち着いて考えて、課金をしない選択肢を持つのはもちろん、1年、2年後に後悔しない課金額かを確認しましょう。

雑学
スポンサーリンク
ゲームと雑学ラボ

コメント