スポンサーリンク

コミュ障は接客業のアルバイトをするべき?コミュ障の克服や長く続けるコツ・メリットについて

コミュ障は接客業やっておいたほうがいいと言う話

高校や大学に入ってある程度学校生活が落ち着いたら、アルバイトをし始める人は多いですよね。アルバイトにも飲食店などでの接客や、工場での流れ作業、オフィスでのPC作業など色々な種類があります。

ただ、人とのコミュニケーションが苦手な人、いわゆるコミュ障の人は接客のアルバイトを避けがちだと思います。また、コミュ障の方はアルバイトを始めるのさえ億劫になりがちですよね。

[体験談]アルバイトに踏み出せない人に…コミュ障ぼっちのバイト面接や人間関係やエピソードまとめ

そこで今回は、コミュ障こそ接客のアルバイトをやるべきという話(大変なポイントや接客アルバイトのメリットなど)について話したいと思います。

接客業の種類について

まず、ひとえに接客業と言っても色々な業界があります。

例えば、飲食店やスーパー、コンビニ、洋服屋さん、雑貨屋さん、本屋さんなど、挙げればきりがないくらいの業界に分かれています。こなす業務は違いますが、どこでアルバイトとして働くにしてもある程度の接客スキルを身につけられると思います。

また、近いものとして営業のアルバイト(インターン型なども含まれる)もあり、物やサービスを売るというものもありますが、世間話や相手の求めているものを聞き出すなどのトークスキルが必要になるので、コミュ障には相当難しいと思われます。

接客アルバイトの大変な所について

接客アルバイトを始めて1,2ヶ月の間はコミュ障だと大変

コミュ障の私が飲食店で接客業のアルバイトをやった経験からすると、コミュ障だと最初の2ヶ月くらいは本当にキツいです。ただ、初めてアルバイトをする人は多少なりともキツいものなので、慣れるしかありません。

具体的にどういうことが辛いかというと、仕事を覚えるのはもちろんのこと、アルバイト先に慣れるとか、お客さんや他のアルバイトとのやりとり等の会話人間関係だと思います。

慣れない人や場所に囲まれて仕事をするというのは、コミュ障にとっては、普通の人よりもはるかに苦痛だと思います。

また、お客さんに声をかけたり、同じアルバイトの人に声をかけたりしますが、コミュ障だと会話力などが足りない分、普通の人よりも確実にキツいと感じるでしょう。

他にも、お客さんにどう対応したり受け答えすれば良いかや、仕事に関して他のアルバイトとどうやって協力してこなせばよいかという場面でコミュニケーション力を求められるので、コミュ障には結構荷が重いことが多いと思います。

ただ、こういった経験をしないとコミュニケーション力が身につきません。誰でも1ヶ月か2ヶ月くらいすると失敗や経験から学ぶことで慣れてくると思うので、そこまでの辛抱です。

接客のアルバイトを長続きさせるためのコツ・心構え

・とりあえず、あいさつはしっかりとする。(最初の頃は難しい、特にコミュ障)
・最初の頃はキョドっても仕方ないので、とにかく接客や他のアルバイトとのやりとりに慣れよう。
・最初の頃は精神的な疲労が半端ないが、案外すぐに慣れるものなので少しの辛抱と思いましょう。
・慣れてくると店員モードみたいなものが出来てそこまで苦痛では無くなるので、そこまで我慢
・あなたのことを大して気にしている人なんていないので、気負わずに行きましょう。失敗したとしてもそんなに簡単にクビにはならないし、誰しも通る道です。

ある程度慣れてくると、仕事の時だけコミュ障が緩和される

上で話したとおり、接客業のアルバイトに慣れてくると、仕事の時だけはお客さんに声をかけたり、アルバイト仲間や社員の人とやりとりするのに嫌でも慣れてきます。

もちろん高校や大学などでの日常生活ではコミュ障は治らないでしょうが、少なくとも仕事の時だけ割り切ってそういう最低限のコミュニケーションが取れるようになったら、とりあえず働くのには困らないです。(誰でも多少の世間話ぐらいはできるでしょうし…)

ただ、仕事の時ですらコミュニケーションが取れないコミュ障のまま、就活をして社会に出て困るよりはよっぽどマシだと思いませんか?

そもそも大学や高校でぼっち生活をしていると、間違いなくコミュニケーション力は上がらないし落ちるので、就活の時点でもほぼ確実に苦労します。

まあ必ずしも接客業でなくとも良いのかもしれませんが、接客業のアルバイトのほうが確実に人と接する機会が多いので、仕事時の耐性を付けるなら接客のアルバイトの方がいいと私は思います。

コミュ障が接客アルバイトをやった時のメリット

・ガクチカや自己PRにエピソードとして書きやすい
・就活の際に接客の1年以上の接客アルバイト経験があれば、コミュニケーション力が多少はあると思ってもらえる(かも?)
・大学などで話す人がいないコミュ障の場合、接客のアルバイトをやるとやらないではコミュニケーション力がかなり違ってくると思われる
・アルバイトの際に色々な年齢層のお客を注文を取ったり話しかけることになるので、色々な年齢層の人に慣れるという点ではぴったり
・あまり人と関わっていない人(コミュ障、ぼっち)にとっては、店長や社員、ベテランのアルバイトや後輩といった人間関係を体験できる

メリットになりそうなのはこれぐらいだと思います。

反対に、やらないでいたときのデメリットはかなり大きいので、コミュ障(特に大学でぼっちの人)はなにかよほど打ち込んでいる事が無い限りは接客のアルバイトをやることをオススメします。

まとめ

今までの話をまとめると、

コミュ障(特にぼっち)はなるべく接客のアルバイトをやった方が良い。コミュ障を完全に克服できるわけでは無いが、仕事に関してのコミュニケーションはだいぶましになる。就活の時までにコミュ力を養わないと詰む可能性が高い。だからやろう。

という話になりますが、ここまで読んで私の話が参考になったのなら幸いです。

雑学
スポンサーリンク
ゲームと雑学ラボ

コメント