スポンサーリンク

[大学と呼べない…]Fラン大学のあるある13個まとめ

Fランク大学ってどういう所?

Fランク大学はもともと誰でも入れるボーダーフリーの大学という意味を盛っていましたが、最近は合格のボーダーがあっても難易度が非常に低い大学の事も指すようになりました。

私は学生時代は後者の意味の方のFランク大学に通っていましたが、私の経験からするとFランク大学は本当におすすめしません。その理由も兼ねて、今回はFランク大学のあるあるを挙げてみました。

Fランク大学のあるあるな話

入試は、簡単過ぎるor合格点が低すぎる

最近はFランといっても幅がありますが、偏差値40前後であれば最低限の基礎学力が期待できるレベルなので、高校の基礎的な知識を広く浅く抑えていれば簡単に満点が取れるような問題が出ますが、それすらボーダーが30%~40%がほとんどだと思います。

勉強自体が苦手だったり集中出来ないといった層の集まりと言ってもいいかもしれません。

ちなみにボーダーフリー大学やそれに近い大学だと入試は意味をなしません。志願者が少なく、定員割れで不合格になる可能性がほぼ無いので、高校の本当に初歩的な問題がわからなくても十分入れます。ひどい大学では小学校中学校レベルの初歩的な問題が出るところもあるようです。

特待生は授業料免除や半額・3分の1になる

fランク大学は特待生の制度が充実していると言われています。また、特待生といっても待遇はいろいろあり、全額授業料が免除になる場合や半額かそれ以下の場合などに分かれています。

私のクラスメイトは特に秀でたところも無く勉強も出来ませんでしたが、AO入試か何かで授業料半額免除になっていました。

私の地元である北海道は、Fランかそれに近い私立大学が沢山あるので、そういう大学も多かったです。

電車や地下鉄の車内や駅などに大学のポスターが沢山ある

普通レベルの大学やレベルが高い大学なんかは何もしなくても多くの志願者が集まるので、広告にお金をかける必要がありません。テレビやポスターなどで宣伝しないといけないような地方の私立は、Fランである事が多いです。(もちろん例外もあります)

ヤンキーみたいのもいるが、おとなしい人も多い

髪をド派手な色に染めたヤンチャそうな見た目の人もいますが、いわゆる陰キャやチー牛といった感じの人も意外と多いです。そういう人達は、単純に頭が悪く勉強が壊滅的に出来ないか、勉強のやる気や計画性がないかのどちらかだと思います。(私もですが)

卒論のクオリティが低い・そもそも卒論が必須じゃない

大学のレベルが低いので学生のレベルは低く、学力や計画性が無いので卒業論文のクオリティも当然低くなってしまうという、まあ当然の流れです。

私が通っていた大学も含め、Fラン大学の中には法学部とか関係無く卒論が必須ではない大学もあるので、そもそも卒論を書かないで卒業するFラン大学生もわりと多いんじゃないかと思います。

誰でも入れるボーダーフリーの大学だと「私の家族について」というテーマの卒業論文が通ってしまうとか…。

退学率が高い

前提として、大学のレベルが低くなればなるほど、中退率が上がっていく傾向にあります。

データえっせい: 大学の偏差値と退学率 (tmaita77.blogspot.com)

レベルが高い大学の生徒は将来の事を考えていたり、やる気や計画性があるものだと思いますが、Fランク大学と呼ばれるような大学にはそういう生徒がおそらく少ないので、まあ当然といっちゃ当然ですね。

講義に出席しても授業は聴いていない

Fランともなると、出席しなくてもどうにかなる講義はほとんどが出席せず、出席する必要のある講義はスマホやおしゃべり、寝ているなど全くやる気はありません。おそらくFラン大学では講義を真面目に聞いている人はほんのわずかでしょう…。

分数が出来ない人がたまにいる

中学とかで分数の計算が出来ない子とかいませんでしたか?そういう計算とかが苦手な頭が悪い生徒が文系には結構います。私はそこまでではないですが、センター試験の数学はある程度勉強しても3割ちょっとしかとれませんでした…。

漢字や熟語が全く出来ない奴がいる

小学校や中学校で習う漢字が書けない人がいたり、誰でも知っているような熟語を知らなかったりと、国語力というか、基本的な教養があまりない人も普通にいます。

個人的には単純に学習能力が低すぎるか、家庭環境に問題があるかのどっちか打と思います。私のアルバイト先にもそういう人がいましたが、その人は家庭環境に少し問題がある感じの人でした。

授業内容が高校レベルかそれに毛が生えた程度

教養科目の内容は中学や高校レベルの内容を復習するものだったり、そうでなくとも渡されたレジュメの太字部分を覚えるだけで良かったりします。

専門の科目でも生徒の学力的にそんな難しい事を教えられないので、それぞれの学問の初歩的かつ浅い内容だけで終わり、高校レベルに毛が生えたような内容の講義で4年間が終わってしまいます。

パチンコや競馬で盛り上がっている

パチンコ・パチスロの話題でいくら勝ったとか負けたとかで盛り上がるのは定番で、あとはアルバイトやゲームの話題も多いと思います。陰キャ寄りの人の場合はゲームやソシャゲに明け暮れている感じだと思います。

要はアルバイトで金を稼いでギャンブルやゲームに使ってを繰り返しているどうしようもない人が普通にいるって事だと思います。ちなみに私は大学生の頃はあるソシャゲに30万くらい使いました。(バカです…)

地元住民にバカ大学と思われている

よほど最近できた大学とかでない限り、地元の人は周辺の大学の事をよく知っているので、地元の人からレベルが低いとかバカしかいない大学だとか散々な評価をされています。まあ全然間違っていないのが悲しいところです。

場合によっては大学の名前をもじった悪口みたいな呼び名がある事も…

就活で苦労する

地元企業からの大学の評価はもちろん良くないですし、大手を受けようと思っても足きりや書類落ちは珍しくありません。ブラックな企業・業界や無い内定のまま卒業してしまう人も普通にいます。

ただ、就職率や実績はありとあらゆる方法で盛りに盛って「卒業生の就職率98%!」などと謳っているなんてのはFランのあるあるですね。

Fランは向上心が無いと詰み

結局私はその後ニートになりましたが、同じ大学の人の就職先を見てもやはり良いところに就職している人は本当に少ないです。正直就職する意思やモチベーションもなくFラン行くくらいなら専門学校行った方がまだマシなんじゃないかと思わずにはいられません。

もしFランに行くのなら、常に将来の事を考えて行動する意識を持って頑張ってください。

雑学
スポンサーリンク
ゲームと雑学ラボ

コメント