スポンサーリンク

ロブロックスでスマホが熱い…という人向けの対策・方法(iphone/Android)

ロブロックスをプレイすると、スマホが発熱してしまう…

ロブロックスって、色々なゲームがあって楽しいですよね。ただ、ロブロックスを長時間プレイしていると、必ずと言って良いほどスマホの発熱に悩まされますよね。

ただ、スマホを長時間熱い状態にしてしまうと、ものすごく電池の減りが早くなってしまいますよね。それ以外にも、スマホの電池が劣化したり、故障の原因になってしまうかもしれません。

そこで、ロブロックスをプレイする際に少しでもスマホが熱くなりにくいように、簡単にできる対策や方法をまとめました。

スマホを熱くなりにくくする方法

ロブロックスのグラフィックを落とす

ロブロックスでは、ゲームのプレイ画面の左上の端にあるななめの正方形のアイコンをタップするとメニューが出ます。

設定の文字の所を押すと、グラフィックについての設定があるので、グラフィックモードをマニュアル、グラフィック品質を一番低くすることで発熱を少し抑えられます。

また、他のプレイヤーがたくさんいるゲームは、他のプレイヤーの動きでかなり余計に負荷がかかってしまうので、人が多すぎるゲームは避けましょう。

他に起動しているアプリがあれば落とす

もし、バックグラウンドでYahooやSafariなどのアプリが動いていると余計な負荷がかかってしまうので、他のアプリは落とす(タスクキルする)ようにするといいです。

スマホのカバーを外す

基本的に、スマホカバーをしていると熱がこもってしまうのでスマホを少しでも熱くなりくくするためにカバーを外しておきましょう。

熱を冷ます方法

扇風機を当てる(ハンディファンがおすすめ)

扇風機を当てることで熱を逃がし、スマホを安全に冷ますことが出来ます。プレイしながら扇風機に当てるのは、扇風機の風で目が乾くのでオススメできません。

おすすめの方法としては、ハンディファン(手で持てるサイズの扇風機)を持っていれば、ひざの上にハンディファンを置いて、風をスマホに当てながらロブロックスが出来るので、発熱の心配が無くなります。値段も1500ぐらいで買えるものが多いし外で涼む用に使う事もできるのでムダになりません。

扇風機やハンディファンを使う際はカバーを外して使う方がすぐ熱を冷ませます。

× 冷蔵庫にいれたり、保冷剤を当てたりすると、急激な温度変化でスマホの内部が結露してしまう可能性があるのでやめましょう。

スマホに十円玉をあてる

10円玉には銅が多く使われていて、スマホの熱を銅が奪ってくれるので、熱を冷ますのに効果的です。ただ、10円玉は基本的に汚いので、除菌ティッシュで拭いてから使いましょう。

もちろんプレイ中には難しいので、時々ゲームを中断して冷ます必要があります。

電源を落とす

電源を落とすことで内部からの発熱をゼロにすることができるので、少しでも早く熱を冷ましたいなら電源を落としましょう。

スマホを使わないでプレイする

(パソコンが使える人は)パソコンでプレイする

もしパソコンが使えるのなら、パソコンでプレイしましょう。元々PC用のゲームなので、スマホでやると電池の減りや発熱という問題は避けて通れないです。パソコンでやれば、多少熱を持っても内蔵ファンで問題なく排熱できます。

パソコンのスペックについては、標準的なスペックを持っていれば大丈夫です(8GB RAMは問題なく動く)ので、ほとんどの人は家にあるパソコンで動かせると思います。

ただ、パソコン版とスマホ版の両方をやった感想として、スマホ版の方がスワイプやタップで動かせるので直感的に操作しやすいと思います。

スマホ版で慣れたら、キーボードとマウスで操作するパソコン版はだいぶ不自由に感じてしまうかもしれませんが、そこは慣れですね。

ただ、あまり低スペックのパソコンだと満足に動かせない可能性があるので注意しましょう。

まとめ

熱くならないための対策としては

・ロブロックスのグラフィックを落とす

・他に起動しているアプリがあれば落とす

・スマホのカバーを外す

熱を冷ますための方法としては、

・扇風機を当てる(ハンディファンがおすすめ)

・スマホに十円玉をあてる

・スマホの電源を落とす

そもそもスマホを使わない方法として、

・(パソコンが使える人は)パソコンでプレイする

スマホで発熱を気にせずにロブロックスがやりたい人はハンディファンを買うのがおすすめで、家のパソコンが使えるならパソコン版をプレイしよう、といった感じです。

ゲーム
スポンサーリンク
ゲームと雑学ラボ

コメント